プロミスの審査で職場に電話があったとき、どういう風にかかってくる?

テレビCMでもお馴染みのプロミスは、アコムと並ぶ大手の消費者金融業者で、個人の生活をサポートすることを目的とした資金使途自由のカードローンを提供しています。この商品の対象は、20歳以上69歳以下の安定した収入を得ている人で、パートやアルバイトでも問題はありません。このために、これらで収入を得ている主婦や学生も多数利用しています。

なお、プロミスのカードローンを利用するためには、返済能力を有していることを承認されなくてはなりません。これは、クレジットヒストリーの照会が中心の審査により判定されるという仕組みで、支払い能力に応じた金額が算出されます。この金額がプロミスが定めている最低基準を上回っていれば、第一関門クリアということになります。

次に、行われるのが在籍確認という審査で、自宅と職場に電話がかけられるという内容です。言葉通り在籍していることを確かめることだけが目的で、短い問答で完了します。また、オペレーターの個人名でかけられるので、プロミスという名前が職場に知られる心配はありません。

なお、この審査は極めてシンプルで簡単なのですが、クリアできない限りはカード発行に至ることはありません。何故なら支払いの確認が取れない時に連絡が付かないという事態になるので、プロミス側からすれば軽視することは出来ないからです。ちなみに、実際に働いていたとしても、職場で名前が知られていないという場合は、在籍確認が取れないので審査不合格という結果になります。